ABOUT

ABOUT

ライフスタイルホテル『HOTEL LEPO CHAHAL(ホテル レポ チャハル)』と
フレンチダイニング『RESTAURANT AINO(レストラン アイノ)』が、
2021年12月上旬、松山三越7階・8階にオープンします。

ホテル名の“LEPO”とは、フィンランド語で休息を意味し、シンプルながら内なる美しさを感じさせる
北欧デザインと瀬戸内の“居心地のよさ=cozy”を感じさせるライフスタイルホテルです。
客室は全室フィンランドサウナ付き約60㎡の11部屋。
木を中心とした自然素材をふんだんに使用し、落ち着きのある空間に仕上げています。
部屋を彩るのは、フィンランド・デザイン界の第一人者として知られている愛媛県砥部町出身の陶芸家・石本藤雄による自然をモチーフにしたアートピースです。

8階のダイニング『RESTAURANT AINO』は
アジアのベストレストラン50にも選ばれたことのある「SUGALABO」の右腕として尽力し、
2020年より虎ノ門で予約困難なフレンチレストラン「unis(ユニ)」のエグゼクティブシェフである
愛媛県西予市出身の薬師神 陸がフードディレクションを行い、
瀬戸内の食材を中心に旬のものや素材の美味しさを伝える料理をお楽しみいただけます。

  • HOTEL LEPO

    客室は全室フィンランドサウナ付き約60㎡の11部屋。
    ホテルのコンセプトである〝SETOUCHI cozy living〟を体現し、
    北欧で大切にされているくつろぎと幸福度の高い時間をも味わえるようにデザインされています。

    床に敷いたカーペットや設置された家具類はほとんどがオーダーメイドで、
    上質な自然素材やアースカラーと言われる、
    自然の中にある色を使用しています。
    全体を通して落ち着きのある色調の中、
    陶芸家・石本藤雄によるアートピースが空間に彩りを添えます。
    また、客室で使用するタオルは石本氏と今治のタオルメーカーが
    コラボレーションしたオーガニックコットンタオルです。

    全ての客室は浴室に加え、フィンランド式のロウリュサウナを備えています。
    フィンランドで作られた本格的なサウナストーブを使用しており、
    室内は80°C〜90°Cでサウナストーンに水をかけることで蒸気を全身で浴び、
    気持ちよく汗をかくことができます。

    石本 藤雄
    石本 藤雄
    Fujiwo Ishimoto

    1941年愛媛県砥部町出身。
    1970年にフィンランドに移り、1974年から同国を代表するライフスタイルブランド「マリメッコ」で32年に渡りテキスタイルデザイナーを務める。フィンランドの老舗陶器メーカー「アラビア」のアート部門の一員として(1990-2020年)陶芸制作に取り組む。カイ・フランク賞、フィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル、日本では旭日小綬章など多数。

  • AINO

    世界中から注目を集めている
    食の宝庫・瀬戸内の滋味を存分に味わえるフレンチダイニング。
    茶玻瑠の若手シェフ達が、
    素晴らしい日本の食材、日本の生産者、日本の技術など
    食にまつわるコンテンツを国内外に発信している薬師神陸氏と協業し、
    瀬戸内 の旬の食材や器を使った料理を提供します。

    薬師神 陸
    薬師神 陸
    Yakushijin Riku

    1988年愛媛県西予市出身。
    2008年辻調理師専門学校のフランス料理講師を5年間務める。 2014年「SUGALABO」(東京/神谷町)の立上げから尽力。同店のシェフとして国内外を飛び回り、アジアのベストレストラン50にも選出される。2020年虎ノ門ヒルズに食のインキュベーション施設「Social Kitchen TORANOMON」と併設する8席限定のハレの日レストラン「unis」をオープンし予約困難店に。